前へ
次へ

債務整理でクレジットカードの任意整理

クレジットカードは買い物などをするときに非常に便利です。
通常は代金として現金を支払う必要がありますが、クレジットカードが使える店ならカードを提示するだけで買い物ができます。
提示するだけと言ってももちろん支払いは必要で、支払いは一旦カード会社が立替して翌月などにまとめて引き落とされる仕組みになっています。
注意としては支払い能力以上の買い物をしてしまう人がいることで、あまり買い物をするとカード代金の支払いができなくなってしまいます。
もしクレジットカードの支払いが難しいと感じたら、債務整理をすることを検討してみましょう。
金額が100万円前後ぐらいなら任意整理をすればよく、カード会社と話し合って返済金額を決めていきます。
債務整理が始まるとそれ以降クレジットカードでの買い物はできません。
しかし自動引き落としの設定をしているものなどがカード残高に加算されるときがあります。
債務整理を開始したらカードで自動引き落としになっているものの設定を外す必要があります。

Page Top