前へ
次へ

債務整理になるまでの流れとは

消費者金融などからお金を借りる場合、返済できなければ債務整理になってしまうことがあります。
ただ、一回ぐらい滞納したとしても債務整理に回答する訳ではありません。
そこで、どのようにしたら債務整理になるかを見ていくと、まず滞納するにしても2カ月以上は最低滞納することが条件になっています。
例えば、最初の2カ月目にお金を支払うことができない場合には、2カ月目に突入する前に何らかの連絡がくることが多いでしょう。
それにも従わず2カ月目に突入した場合には、督促状がくるだけでなく直接スタッフがおカネの取り立てにやってきます。
それでも支払うことができない場合は、一括請求をしてくることが多いでしょう。
今まで分割で支払いをしてきたのに、一括で請求されることになればまず支払うことは不可能になります。
もしそのまま時間が結果してしまうと強制執行が行われますので、その前の段階で債務整理をしておかなければなりません。
弁護士や司法書士などに依頼する必要がります。

Page Top